子供の成長期に必要な栄養補給、どうすればいい?

自分の可愛い子供には、たっぷり栄養を摂って、しっかり成長してほしいですよね。

 

特に、小学生から中学生にかけての成長期には、周りのこども達よりも身長が低かったり体つきが小さいような感じがすると、気になって仕方がないのではありませんか?

 

少年野球でバッターボックスに入る子供

 

ママ友からもチクっと「○○さんちのAちゃんは小柄ね〜」などと指摘されたり、「ちゃんと食べてるの?」と心配されたりすることで、余計に親としてソワソワしてしまうということがあるかもしれません。

 

そして何より、周りの子供達よりも身長や体つきが小さい子供本人が、色々と言われたりするのは可哀想ですよね。

 

ですが、栄養摂取が大切であることは親が分かっていても、偏食の子供や好き嫌いが多い子供の場合には、食べてほしくてもなかなか食べてくれないことがあります。

 

そんな時のための、子供向け成長補助食品をご紹介するとともに、子供の成長に必要な栄養素などについてご説明していきたいと思います。

 

うちの子供、もしかして・・・?

「うちの子供、もしかして成長が遅れているのかも?!」と、心配してしまうことはありませんか?

 

つい周りの子供の成長具合と比べてしまったり、このまま身長や体格が大きくならなかったらどうしようと不安になったりすることもあるかと思います。

 

少年サッカーチームの子供達

 

実際に、親御さんにはどのような悩みがあるのかをまとめてみたところ、以下のような悩みが多くありました。

 

  • ちゃんと育っているのか分からなくて心配
  • 周りの子供達と比べてみると、ちょっと小さいような気がする
  • 偏食なので、ちゃんと栄養素が足りているのかが心配
  • 好き嫌いが多くて困っている

子供本人はケロッとして、成長のことなど全く興味がなく自然体なのですが、親としてはやはり気になってしまいますよね。

 

 

子供の成長期って一体いつなの?

 

”成長期に必要な栄養補給、つまり必要な栄養素をしっかり摂取することが大切”と言われていますが、この成長期とは一体いつのことなのかハッキリとご存知ですか?

 

子供の成長期には2つの段階があり、以下のように分かれています。

 

第一次成長期 0歳から2歳頃
第二次成長期 小学生から高校生(男子は中学生から高校生くらい、女子は小学生高学年から中学生高学年くらい)

 

生まれてからすぐにすくすくと成長する0歳から2歳頃が第一次成長期で、第二次成長期は思春期を迎えた頃の4年程度を指します。

 

女の子と男の子では成長期の時期が少し異なり、女の子のほうが成長期が少し早く訪れます。

 

 

日本の子供達は早熟?!成長期が早い?

 

近頃の日本の子供達は、スマホやパソコン、ゲームなど様々なものに影響されて育っています。そのため、睡眠時間が短くなっていたり、たくさんの情報量を頭に詰め込んでいることから、他の国の子供達よりも早熟だと言われています。

 

スマホに夢中になっている子供

 

早熟な子供は思春期も早く短く、その分成長するはずであった身長の伸びも止まってしまい、大人になってから外国人に比べて身長が低いという特徴があります。

 

 

「早熟」=「身長の伸びも早く止まる」ということ

 

「子供の身長は、中学生から高校生くらいになれば自然と伸びていくものだろう」と思っていませんか?

 

先程、日本の子供達は早熟であるため思春期も早く短いというお話をしました。

 

思春期は、子供達の身長が伸びる最後のチャンスであり、ある意味ラストスパートとも言えるものです。

 

実は、女の子が初潮を迎えた後は、身長は平均して6cm程度しか伸びないことが分かっています。また、男の子の声変わりの後も、身長の伸びが凄まじいわけではありません。

 

つまり、この思春期の頃の身長の伸びは、”ここで成長は終わりです”と意味していると言えますし、思春期を迎えてから急激な身長の伸びは、期待できないということです。

 

 

思春期の終わりを早く迎えることになる

 

早熟ということは、思春期に入るのも早く、その思春期が終わるのも早いということです。ホルモンによって性的な成熟が促進されることで、思春期の終わりが早くなってしまうのです。

 

中学生カップルの後ろ姿

 

そうなると、その分身長が伸びる期間が短くなってしまい、成長が止まってしまいます。

 

このことが、早熟である日本のこども達が大人になった時、外国の方に比べて身長が低い、身体が小さいということに繋がっているのですね。

 

 

限られた時間の中で必要な栄養素をしっかり摂取することが大切

 

子供達にぐんぐん成長してもらうためには、この限られた思春期=成長期の中で、たくさんの栄養素を効率よく摂取してもらうことが大切になります。

 

ですが、偏食のお子様や好き嫌いが多いお子様の場合には、思うように食べてくれないため必要な栄養素を摂取することが難しいですよね。あるいは偏食ではなく毎日バランスよく食事を摂ってくれたとしても、何か足りないものが出てくるはずです。

 

効率よく、バランスよく、たっぷりの栄養素を摂取してもらえるようにしなくてはならないのですが、これがとても難しいことなのですね。

 

 

子供の成長期にはどんな栄養素が必要なの?

 

ではここで、子供の成長期に必要とされる栄養素や、良い摂取方法などについて見ていきましょう。
どの程度の栄養素をどのくらい摂取してもらえたらいいのでしょうか?

 

 

子供の成長期に必要な栄養補給〜6つの栄養素

 

子供の成長期に必要になる栄養素には、以下のようなものがあります。

 

  1. タンパク質
  2. カルシウム
  3. 鉄分
  4. ビタミンD
  5. DHA
  6. マグネシウム

 

その他、亜鉛や炭水化物、ビタミンC、銅や葉酸、食物繊維なども、成長期の子供達に必要になる栄養素です。

 

では、上記に挙げた5つの栄養素が具体的にどのような働きをしてくれる栄養素なのか、見ていきましょう。

 

タンパク質

 

タンパク質は、骨や筋肉を作り出す役割があり、身体全体を構成している成分として重要な役割を担っています。

 

骨や筋肉はもちろんのこと、皮膚や髪の毛、血液や臓器などを作り出す材料になります。
さらに、タンパク質は免疫機能やホルモンをつかさどる物質の原料にもなるため、タンパク質なしでは成長できないとも言えるほど重要なものなのです。

 

お肉やお魚、牛乳や大豆などから摂取できますが、12歳から14歳の間で摂取すべきタンパク質の量は、男の子85g・女の子70gとなっており、大人よりも多くの量を摂取する必要があります。
(成人男性では70g・成人女性では55gのタンパク質が必要です)

 

タンパク質が摂取できる食べ物

 

お肉類、お魚類、乳製品、大豆製品、卵

 

カルシウム

 

カルシウムは、成長期にたくさん摂取したほうがいいというイメージがある方も多いのではないでしょうか。

 

カルシウムは骨や歯を丈夫にしてくれるだけではなく、イライラしにくくしたり寝つきやすくしたり、精神的な安定をもたらしてくれるものでもあります。

 

カルシウムが不足してしまうと、あごの発育にも悪影響がでることがありますし、歯が脆くなってしまうこともあります。
骨が丈夫でないと成長にも支障がでてしまいますので、不足しないように摂取していくことが大切です。

 

思春期の男の子の場合には1日に900r、女の子の場合には、1日に700rのカルシウムを摂取することが目安です。

 

カルシウムが摂取できる食べ物

 

乳製品、魚介類、野菜、大豆製品、ごま

 

鉄分

 

成長期に身体が大きくなってくると、その分血液も造り出さなくてはなりません。
その造血に必要になるのが、鉄分です。

 

思春期の子供達は鉄欠乏症による貧血になりやすく、特に最近は、親の影響で朝食を食べない子供達も増えているため、鉄分が不足していると言えます。
貧血を起こすと、感情が乏しくなったり、集中力が低下したり、イライラしやすくなります。

 

思春期の男の子は1日に11mg、女の子は14mgの鉄分を摂取することが目安となっています。
女の子の摂取目安量が男の子の摂取目安量よりも多くなっている理由として、生理の時に失う量を考慮した上での数値となっているためです。

 

鉄分が摂取できる食べ物

 

お肉類、魚介類、野菜、大豆製品

 

ビタミンD

 

ビタミンDは、小腸でカルシウムの吸収力を高めてくれる栄養素であり、成長期の子供達には欠かせないものです。
また、カルシウムを骨に沈着させたりする働きも期待できるため、丈夫な骨を作り成長をサポートしてくれる優秀な栄養素です。

 

1日の目安摂取量は、男の子も女の子も3.5μgとなっています。

 

ビタミンDが摂取できる食べ物

 

お魚類、魚介類、お肉類

 

DHA

 

DHAは、青魚から摂取できるものであり、必須脂肪酸の一つです。
体内では作ることができないため、外部から補ってあげる必要があります。

 

このDHAは脳の発達において重要となる栄養素であり、成長期にしっかり摂取しておくことで、記憶力などの学習能力を高める効果が期待できます。
中性脂肪を減らしたり、血中コレステロール値を下げたりという効果もあるため、成人男性からも注目されている栄養素です。

 

DHAが摂取できる食べ物

 

青魚(サバ、マグロ、イワシ、サンマなど)

 

マグネシウム

 

マグネシウムは、骨や歯などを構成したり、生理作用や代謝調整などに必須となる栄養素です。
カルシウムの吸収を助けるためにも必要になるものであり、神経の興奮を抑える働きなども期待できます。

 

マグネシウムが摂取できる食べ物

 

大豆製品、海藻類、魚介類

 

 

成長期に必要な栄養補給.....どのように摂取すればいいの?

 

成長期の子供達に必要となる栄養素にはとてもたくさんの種類があるということがお分かりいただけたかと思います。
今回ご紹介していないだけで、亜鉛やビタミンC、炭水化物や葉酸なども、成長期の子供達には欠かせません。

 

では、これらの栄養素をどのように摂取すればいいのでしょうか。

 

まずは、これらの栄養素を一気に摂取しようとすると、どのくらいの食べ物の量になるのかを見てみましょう。

 

カルシウム 500mg いわし約6匹(1匹100g換算)
鉄分 4.5mg ささみ約22個(1個100g換算)
ビタミンD 3.0μg しいたけ約7個(1個20g換算)
ビタミンB 10.7mg たまご約19個(1個60g換算)

※アスミール公式サイトより抜粋

 

・・・いかがですか?
1日に必要な量を摂取しようとすると、こんなにもたくさんの食べ物を食べる必要があるのです。

 

いくらなんでも、1日にささみを22個食べたり、イワシを6匹も食べたりすることはできませんよね。大人でも食べられないのに、子供達がこんなに食べられるはずがありません。

 

つまり、成長期に必要な栄養をバランス良く摂取しようとすると、補助的に健康食品やサプリメントを摂取することはとても理にかなっている事なのです。

 

 

おすすめの子供向け成長補助食品【アスミール】

 

「子供のうちからサプリメントなんて飲ませたくない」
「もう少し健康的に栄養を摂ってほしい」

 

という風に考える親御様もきっと多いのではないかと思います。

 

でも、子供の成長のために必要な栄養素が現実として不足しているにも関わらず、「バランスよく栄養を摂取してもらえたらいいな」なんて、そんな理想論ばかり言っていても現実はなかなか難しいのではないでしょうか?。

 

そこでオススメしたいのが、子供向けの成長補助食品「アスミール」です。

 


 

成長期に必要な栄養補給に最適 【アスミール】

 

 

アスミールは、子供向けの成長補助食品として販売されている商品です。
小倉優子さんのお子様も大好きだというこのアスミールは、メディアでも取り上げられ人気になっています。

 

ミヤネ屋、めざましどようび、サンデー・ジャポンなどでも取り上げられています。

 

お子様が偏食で困っているという親御様や、好き嫌いが多くて栄養が足りているのか不安という親御様に人気で、ココア味の飲み物なので、子供が気に入って飲んでくれると好評ですよ。

 

 

アスミールの10の特徴

 

アスミールの特徴として、以下の10のものが挙げられます。

 

  1. アルギニン亜鉛を高配合
  2. 1日1杯で栄養素約80%
  3. 牛乳が嫌いなお子様でも飲みやすい
  4. 成長サポート「ZAPバランス」
  5. 吸収されやすいトリプルカルシウムを配合
  6. カルシウムの吸収を助けるCCP&ビタミンD配合
  7. 記憶力をサポートするDHA配合
  8. 栄養機能食品
  9. 国内製造原料使用で安心
  10. 合成保存料、着色料、甘味料不使用

 

成長サポート「ZAPバランス」

 

アスミールは、成長をサポートするために研究を重ね、独自の成長サポート製法「ZAPバランス」を実現しています。

 

  • 大切な身体づくりをサポートしてくれる「亜鉛(Zinc)」
  • 頑張る力をサポートする「アルギニン(Arginine)」
  • タンパク質の補給をサポートする「プラセンタ(Placenta)」

 

この3つの成分をバランスよく配合することによって、絶妙な成長サポート力を実現しています。
プラセンタがタンパク質の補給もサポートしてくれるため、身体づくりには欠かせませんよね!

 

吸収されやすい「トリプルカルシウム」配合

 

成長期に必須となるカルシウムですが、実はただ摂取しても体内に吸収されにくいということをご存知ですか?

 

お子様が好きなインスタント食品や冷凍食品には、「リン酸」というものが含まれています。
このリン酸は、カルシウムにくっつくことで、腸内にリン酸カルシウムを作り出し、吸収されずにカルシウムを排出してしまうのです。

 

このカルシウムを吸収するためには、マグネシウムも必要となります。
マグネシウムが足りていないと、カルシウムを効率よく吸収することができなくなってしまうため、注意が必要です。

 

そこでアスミールは、吸収しやすいトリプルカルシウムを配合!

 

  • 阻害物質を除去したゴマミネラル
  • 魚骨焼成カルシウム
  • 天然珊瑚素材ドロマイト

 

この3つのカルシウムが相互に作用しあい、カルシウムの吸収力を最大限まで高めてくれるのです。
カルシウムをしっかりと効率よく吸収することで、質が良く太い骨にしてくれますので、お子様をぐんぐん成長させてあげることが期待できます。

 

カルシウムの吸収を助けるCCP&ビタミンD配合

 

さらに、カルシウムの吸収を助ける、CCP&ビタミンDを配合しています。
不足しがちなカルシウム吸収をサポートしてくれる注目素材です。

 

CCP

カルシウムなどのミネラルは、食物繊維などと結合することで吸収されなくなります。
CCPはカルシウムなどと結合していると、食物繊維などが結合することを予防することができるため、ミネラルの吸収を促進しやすくなるのです。 

 

ビタミンD

ビタミンDは、カルシウムを吸収する上でとても重要な役割を担っています。
ところが、ビタミンDを多く含む食品は限られているため、食品からたくさんのビタミンDを摂取することは難しいのです。
その点アスミールにはこのビタミンDもしっかりと配合されているので、安心です。

 

 

まとめ

 

お子様の成長期をサポートしたいというお父様・お母様はたくさんおられると思います。

 

美味しそうに食べる笑顔の女の子

 

ですが、どれだけ必要な栄養素を摂取させてあげたくても、本人が偏食や好き嫌いをしているのでは、栄養素を摂取することはできません。

 

また、大人にとっても物凄い量の食べ物を摂取する必要があるのにも関わらず、まだ好き嫌いの多い子供がバランス良く効率的に栄養素を摂取するなんていうことは、とても難しい話なのです。

 

そんな時、成長期のお子様に必要な栄養素がたっぷり入っているアスミールなら、毎日のお子様の栄養摂取をしっかりとサポート!

 


 

アスミールについての詳細はこちら

 

子供にとっても飲みやすいココア味で、毎日美味しくたくさんの栄養を摂取することができますよ。

 

短い期間しかない貴重な成長期、どうせならお子さんにたくさんの栄養を美味しく摂取してもらいましょう♪

 

 

 

 

子供の成長期に必要な栄養補給とは? TOP