地域情報

2021年ツキノワグマ冬眠が明ける時期!山口県で注意喚起!2020年岩国市で139件のクマ目撃情報アリ!

クマ2021注意喚起

2021年4月に山口県では、クマの冬眠が明ける時期になり「ツキノワグマに関する注意喚起」を発表しています。

昨年山口県では、「クマ目撃366件」と過去10年で最多となりました。特に岩国では139件と県内でもっとも多い目撃数となっています。

2021年度もクマが多く出没することが予想されます

2021年ツキノワグマ冬眠が明ける時期!山口県で注意喚起!

引用元:山口県でクマ目撃366件/中国新聞/2021.04.15

2020年は、山口県内、特に岩国市内でクマの目撃情報が相次ぎました。人身被害や食害もあり深刻な問題となっています。

岩国市での目撃情報は、139件!前年と比べても56・2%⤴に増えています!

 

2021年4月に山口県公式ページにて、『クマの冬眠が明ける時期に関する注意喚起』が発表されています

春は、クマが冬眠(冬ごもり)から目覚め、食べ物を求め活発に行動する時期となります!

春の行楽シーズンを迎え、登山や山菜取りなどで山野へ入る際には、特に注意が必要です。

 

山口県のクマに関する注意喚起の内容は以下の通りです。

ツキノワグマに関する注意喚起について

令和3年 (2021年) 4月 9日

これからクマの冬眠が明ける一方、春の行楽シーズンを迎え、登山や山菜取りなどで山野へ入る機会も多くなります。

不意な遭遇や被害にあわないよう、下記事項に十分注意してください。

1 クマに遭遇しないために

 ・ クマの目撃情報があったところには近づかないようにしてください。

 ・ 山野に入るときは、1人でなく複数で行動してください。

 ・ クマの活動が活発な夕方から朝にかけては特に注意してください。

 ・ 鈴やラジオなど音の出るもので、クマに自分の存在を知らせましょう。

 

 もしクマに遭遇したら

 ・ もしクマに遭遇したら、落ち着いてクマに背を向けずに、ゆっくりとその場を離れましょう。絶対に走って逃げることはしないでください。

 ・ 子グマを見ても、絶対に近づかないでください。母グマが近くにいて危険です。

 

3 クマを呼び寄せないために

 ・ 収穫物や野菜くず、ゴミなどの野外放置をしないでください。

 ・ 養蜂箱を家の近くに置かないようにしましょう。また、家の周りにハチの巣がある場合は除去しましょう。

【参考】

① 山口県自然保護課 目撃情報等の掲載アドレス

https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15600/kumahigaibousi/kumahigaibousi.html

② 環境省作成マニュアル及びパンフレット等の掲載アドレス

※ クマ類出没対応マニュアルが改訂されました。

https://www.env.go.jp/nature/choju/effort/effort12/effort12.html

引用元:ツキノワグマに関する注意喚起について/山口県報道発表

 

クマ2021注意喚起 中国新聞引用元:山口県でクマ目撃366件/中国新聞デジタル/2021.04.15

中国新聞にも、昨年2020年に山口県のクマ目撃が最多だったことの記事が掲載されています。

記事の内容は以下の通りです。

山口県でクマ目撃366件、20年度は過去10年で最多 人身被害や食害も

山口県内で2020年度のツキノワグマ目撃件数が366件と過去10年で最多になったことが14日、県の調査で分かった。記録が残る1997年度以降で3番目に多い。人身被害に加え、クリなど果樹の食害が多発した。中国山地で餌の木の実が不足がちとなり、県東部を中心に人里への出没が相次いだとみられる。

県自然保護課によると、目撃件数は231件だった19年度より58・4%増えた。市町別は岩国市が最も多い139件で56・2%増、次いで周南市が80件で33・3%増。山口市は69件で3・1倍になった。周南市夏切では昨年6月、ジョギング中の男性が襲われ、背中や胸をかまれたり、引っかかれたりしてけがをした。  出没場所は中国山地が中心だが、柳井市大畠にある海岸沿いの斎場近くで目撃情報があり、南下しているとみられる。NPO法人日本ツキノワグマ研究所(廿日市市)の米田一彦理事長は「人里近くまで生息域が広がり、餌を求めて農園などにも出没することが珍しくなくなった」と説明する。

県は周南市での人身被害を受け、昨年7月、ホームページ(HP)でクマに出くわさないための行動や市町別の目撃情報を、いつでも見られるようにした。クマが冬眠から目覚めて活動を始めるのはこれからの季節で、県自然保護課の藤井孝主幹は「山歩きやハイキングなどをする場合、十分注意してほしい」と呼び掛けている。

引用元:山口県でクマ目撃366件/中国新聞デジタル/2021.04.15

広報いわくに2021年5月1日号にて注意喚起!

くま注意-広報いわくに引用元:広報いわくに /2021年5月1日号

「広報いわくに」でも、くまの注意事項が具体的に記載されています。

2020年 岩国市「クマ出没情報まとめ」

錦町エリア

クマ目撃情報錦町
【クマ目撃情報】2020年9月~錦町エリアまとめ

2020年9月以降の岩国市 錦町周辺エリアの【クマ目撃情報】をまとめました。 注意ポイント 2019年と比べても2020年は、異常なほど目撃情報が多く、ご紹介している情報以外にも目撃されていることもあ ...

続きを見る

美和エリア

クマ目撃情報岩国
【クマ目撃情報】2020年9月~美和町エリアまとめ

2020年9月以降の岩国市美和町周辺エリアの【クマ目撃情報】をまとめました。 注意ポイント 2019年と比べても2020年は、異常なほど目撃情報が多く、ご紹介している情報以外にも目撃されていることもあ ...

続きを見る

本郷エリア

クマ目撃情報岩国
【クマ目撃情報】2020年9月~本郷町エリアまとめ

2020年9月以降の岩国市本郷町周辺エリアの【クマ目撃情報】をまとめました。 注意ポイント 2019年と比べても2020年は、異常なほど目撃情報が多く、ご紹介している情報以外にも目撃されていることもあ ...

続きを見る

 

参考サイト

詳しくは、以下のウェブサイトを参照ください。

ツキノワグマに関する注意喚起について/山口県報道発表

※ご紹介している内容は、記事公開時点での情報となります。変更・更新されている場合もあります。

こちらの記事もオススメ

クマ目撃情報岩国
岩国市内でもクマ目撃情報多発!!! 2020年は異常な出没数!すでに100件以上にも。

2020年、全国各地でクマの出没情報が例年以上に多発しています。4月~9月には過去5年間で最多となる1万3千件以上に! 岩国市でも連日のようにクマの目撃・出没情報が相次いでいます! 主な出没エリア・・ ...

続きを見る

-地域情報