公園・公共施設

岩国 国立病院[元医療センター]跡地に何ができる?「福祉・こども体験交流施設」建設へ!2026年完成予定[岩国市黒磯町]

国立病院跡地

岩国市黒磯町の国立病院[元:医療センター]跡地に「福祉交流拠点」を整備予定しており、2026年のオープンを目指しています。

国立病院[医療センター]は、2013年3月24日に岩国市愛宕町に『国立病院機構 岩国医療センター』として移転開設後、 旧 国立病院を取り壊し、跡地がさら地のままとなっています。

国立病院跡地に「福祉・こども体験交流施設」を整備 [岩国市黒磯町]

国立病院跡地の「福祉・こども体験交流施設」は、総事業費100億円規模となる見通しです。

2021年度着工、2026年度の完成を目指す予定とのこと。

黒磯町の国立病院機構岩国医療センター跡地引用元:2020年10月6日 中国新聞朝刊 21面

2020年10月6日(火)付の中国新聞で「国立病院跡 中核に福祉・学習施設」の記事が掲載されています。

中核に福祉・学習施設 国病跡地に整備、岩国市基本設計

岩国市は、同市黒磯町の国立病院機構岩国医療センター跡地に整備する福祉交流拠点の基本設計をまとめた。
中核施設として「福祉・科学学習施設」を建設。

内部に同市麻里布町の市科学センターを移転するほか、温浴施設を備えた福祉センターも設け、幅広い世代の交流拠点とする。
2026年度中のオープンを目指す。

整備対象は跡地と外周道路を含めた約10ヘクタール。福祉・科学学習施設は鉄骨地上2階建て延べ7700平方メートルとする。

科学センターは展示室や実験室を備える。福祉センターの機能には高齢者の健康維持のための温浴施設や教養講座用の活動室、乳幼児が遊べるプレールームも設ける。

可動式の観客席がある最大400人収容可能なホールもあり、科学学習やスポーツイベントで活用するほか、大規模災害時にはボランティアセンターの設置を想定する。
瀬戸内海を望む屋上デッキも設ける。

施設周辺は自然交流▽ふれあい交流▽健康増進―3エリアに区分。ビオトープのほか、各種イベントに活用できる芝生広場、ジョギングコースなどを併設した多目的広場を整備する。

市は総事業費約100億円を見込み、米軍岩国基地関連の国の補助金の活用を検討している。21年度にも造成工事に入り、25年度末の完成予定。

市拠点整備推進課の倉橋幸夫課長は「利用者が触れ合い、憩い、安らぎ、豊かな学びに出合うこともできる交流拠点を目指す」と話している。

引用元:2020年10月6日 中国新聞朝刊 21面

 

2020年5月22日(金)付の中国新聞でも「国立病院跡に福祉拠点」の記事が掲載されています。

国立病院跡に福祉拠点 岩国市、健康施設や生活相談

岩国市は、同市黒磯町の国立病院機構岩国医療センター跡地に福祉交流拠点を整備する。健康施設や生活相談の機能を備え、総事業費は100億円規模となる見通し。2021年度の着工、25年度の完成を目指す。

建設予定地は医療センター跡地(8・8ヘクタール)に周辺の市有地を加えた計9・1ヘクタール。敷地南側に暮らしの相談や災害時のボランティアセンター、科学学習などの機能を備えた「福祉・こども体験交流施設」を建設。屋外にはイベント広場や遊具も設ける。

北側は健康増進のためのエリアとし、ウオーキングやジョギングコースのほか、医療機関や駐車場を配置する計画だ。

本年度は基本設計をまとめ、施設や広場のイメージ、規模、概算事業費などを示す。並行して建設予定地の土地造成の設計や周辺のアクセス道路の検討も進める。

建設予定地は市中心部から行く場合、国道188号から右折で進入し、JR山陽線の踏切を渡る必要があるため、アクセス道路の改善も検討する。20年度当初予算に関連事業費9100万円を盛り込んでいる。

岩国医療センターは13年に同市愛宕町に移転した。市は16年に跡地を取得し、活用に向けた計画を具体化してきた。市拠点整備推進課の倉橋幸夫課長は「瀬戸内海を望む景観の良い広大な土地。市全域から市民が集まる福祉や子どもの体験学習などの拠点として整備したい」としている。

引用元:2020年5月22日 中国新聞 19面

岩国 国立病院跡地に「福祉・こども体験交流施設」とはどんな施設?

福祉・こども体験交流施設引用元:岩国市ホームページ

岩国市黒磯町の国立病院跡の建設予定地は、約8.8ヘクタールの広大な土地。

科学学習などの機能を備えた「福祉・科学学習施設」を中心とした市民が交流できる場を目指す計画のようです。

岩国市では、『まちづくりの将来像 ~ 誰もが支えあう地域支援と交流のまち ~』をテーマに様々な施設を整える構想案を発表されています。

「福祉・科学学習施設」概要

科学学習などの機能を備えた「科学学習施設」

実験室

国立病院跡の敷地南側には、「福祉・科学学習施設」を建設予定。

福祉・科学学習施設は、鉄骨地上2階建て延べ7,700平方メートル

*『可動式の観客席がある最大400人収容可能なホール

科学学習やスポーツイベントでの活用や、大規模災害時には『ボランティアセンターの設置』も想定

*『瀬戸内海を望む屋上デッキ

*『科学センター

などが設けられる予定です。

 

『科学センター』は、麻里布町から移転予定。

詳しくはコチラ

岩国市科学センター
【岩国市科学センター】2026年に移転へ!国立病院跡地[黒磯町]の福祉交流拠点に!築55年と老朽化

続きを見る

 

こども体験交流施設 構想案

遊び・学び・育てる場づくり

子育てや育児に関する相談
子育てに関する学習や子育て女性の就労支援
子育て支援活動の促進
子どもの遊び・ふれあいの場
子どもの体験・学びの場
子育て家庭同士の交流の場  など引用元:岩国市ホームページ

屋外には、「遊具」「イベント広場」なども設ける予定とのこと。

温浴施設もできる「福祉施設」

親子3世代

「科学学習施設」と併設される「福祉施設」には、高齢者の健康維持のための様々な施設が設けられる予定です。

*『温浴施設

*『教養講座用の活動室

*『乳幼児が遊べるプレールーム

などが設けられる予定。

親子

福祉交流施設 構想案

生きがい・自立・共生の場づくり

高齢者への安心提供
介護者や家族の負担軽減
高齢者の参加型生きがいづくり
障害者(児)の相談支援
障害者(児)の自立支援
くらしの困りごとなどの生活相談
福祉・ボランティア人材育成
災害等のボランティア活動支援
高齢者と児童との世代間交流   など引用元:岩国市ホームページ

「健康増進自然交流施設」屋外にはウオーキングやジョギングコースも!

ジョギング

施設周辺には、健康増進のためのエリア「健康増進自然交流エリア」を建設予定。

自然交流・ふれあい交流・健康増進の3エリアに区分。

*『ビオトープ

生物が生きている場所として「生息場所・空間」。生物(Bio)と場所(Topos)を組み合わせてつくられた言葉。

*『芝生広場』 各種イベントに活用

*『ジョギングコース

などを併設した多目的広場が整備される予定です。

福祉交流施設 構想案

いきいき・健康の場づくり

健康づくりの支援
スポーツを通じた健康・交流づくり  など引用元:岩国市ホームページ

屋外には、「ウオーキング」や「ジョギングコース」なども設ける予定とのこと。

国立病院跡地「福祉・こども体験交流施設」までのアクセス道路の改善

国立病院跡地に、岩国市中心部から行く場合のアクセス改善計画も盛り込まれる予定。

アクセス改善計画の理由

岩国市内方面から行くには、国道188号を右折で進入後、JR山陽本線の踏切を渡る必要がある。

JR藤生駅方面から行く道路も狭い(中洋小学校への通学路でもある)

など、国立病院跡地までのアクセス道路の改善も検討する予定。

ポイント

各施設はまだ構想段階のようで施設・整備の内容など変更となる場合もあります。

岩国 国立病院跡地 基本情報・着工スケジュール

岩国 国立病院跡地は、瀬戸内海を望む見晴らしの良い広大な土地。

岩国 国立病院 跡地

住所:山口県岩国市黒磯町2丁目5

2013年3月24日より 黒磯町から愛宕町に移転。同年3月に黒磯地区の解体工事着手→2014年5月解体完了。

その後、現在までさら地のままの状態になっています。

「福祉・こども体験交流施設」2020年以降スケジュール

2021年着工予定

2025年の完成を予定

まとめ

岩国市は、『子育てといきいきとした暮らしを応援するまち 』を目指し、この国立病院跡地「福祉・こども体験交流施設」を整備する予定です。

「出産・子育て支援」や「高齢者支援」「健康維持」などの施設、また豪雨災害時の災害復旧を支援する人材やボランティア活動の「医療・防災交流拠点」の整備も予定されています。

世代を超えて充実した時間が過ごせる場となりそうです。

もう少し先にはなりますが、2026年の完成が楽しみですね

※ご紹介している内容は、記事公開時点での情報となります。変更・更新されている場合もあります。

こちらの記事もオススメ

総合センター日向
周東『総合センター日向 (ひなた)』&玖珂『総合センター奏 (かなで)』新複合施設完成!2020年10月5日~供用開始へ![岩国市]

続きを見る

岩国市科学センター
【岩国市科学センター】2026年に移転へ!国立病院跡地[黒磯町]の福祉交流拠点に!築55年と老朽化

続きを見る

県立武道館
[岩国市平田]県立武道館を建設へ!室内プールやトレーニングルームも整備予定!

続きを見る

愛宕山遊び場
岩国市愛宕山にローラー滑り台・大型遊具もある「こどもの遊び場」建設へ!2021年3月完成予定!

続きを見る

長山公園
長山公園の子供遊具が2020年4月リニューアル![岩国市]

続きを見る

日の出公園
[岩国]日の出公園が開園へ!子供遊具はある?遊歩道・多目的広場利用可能に!

続きを見る

 

 

 

よく読まれている記事

-公園・公共施設

Copyright© 岩国えかトコ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.