最近思うことは、人といると安心すると言うことです。
前までは割と不幸なことも多くて、人と関わるのが嫌だったので人を避けてきました。

ペットも飼ってて、唯一の癒し~って感じだったけど、そのペットも亡くなり、行き場をなくしていました。
そんな中、何がきっかけなのか、人といるのがいいなあと思うようになりました。

元々は人が結構好きな方だったんだよね。
でもいつからかいい人でいなくちゃいけないと思って、偽って生きてた感じでした。

でもどんなに偽っても結局嫌われたり、好かれても、ずっと偽っていなきゃいけないみたいになっていました。
それなら本当の自分で嫌われた方がマシなんじゃないかな?と思うようになりました。
それで好かれたら御の字だよねって言う感じです。

結果的に偽るのを辞めたら、まあ可もなく不可もなくです。
でも1番いいのは、精神的な負担がだいぶ減ったことです。
偽る必要がないから、凄く楽なんです。

でも自分を出すってのは簡単なことではなかった。
周りの目を気にして生きてたし、兄弟もいたし、フォロー役に回ることが多かったから、それで余計に自分を出しづらくなったのかなと思う。

母親になって余計に、子供は注目されやすいから一緒にいる私もよく見られている感覚になるんだよね。
その視線が凄く怖かった。
たぶん子供しか見てないと思うけど。

だから余計に辛かった。
周りを気にするのが余計に酷くなってたから。
今も全く気にしてないわけではないけど、普通の人くらいにはなったんじゃないかなと思う。

私の感覚としては、イヤホンをつけている時の感覚で過ごしています。
たぶん私は元々音に過敏なので、イヤホンをすると自分の世界に入り込める。
そこから、どうしても人のことが気になる時はイヤホンをしているように、周りの音をあまり聞こえない、見ないようにしています。

それで周りのことを気付けないこともあるけれど、子供のことだけ見ているとか、同じ空間にいても、違う次元にいるような感覚でいると凄く楽になれる。
これがいいことなのかはわからないけど、気にし過ぎる人にはいいと思う。

どんなに上手くやろうとしても上手くいかないことはあるからね。